私が考えたインターネットビジネス

  • ビジネスの知識慶事の考え方

    • 慶事に招待されたら、すぐに出欠席の返事を出します。

      ビジネスの慶事は、会社の対応に従います。
      慶事への出席は仕事のうちです。
      プライベートでもビジネスの場でも出席する機会が多い慶事は、結婚披露宴です。

      また、ビジネス上では、取引先の会社の創立記念式典や受章と各種授章式などがあります。
      いずれの慶事もなるべく出席することを心がけ、正しいビジネスマナーをもって臨みましょう。


      招待状が送られてきたら、招待状はすぐに返事をする。招待状がおくられてきたら、同封されている返信用はがきに出欠席の返事を出します。
      届いてから一週間以内に返送りましょう。
      出席したい。返信用はがきの出席欄を丸で囲み、出席の意思を伝えます。

      出席の知らせと一緒に、お祝いの言葉を添えるとよいでしょう。すぐに決められない場合。
      出欠席が不明な場合は、電話でその旨を先方に伝えます。


      返送期日まで予定が分からない場合は欠席としておいたほうが相手の迷惑になりません。

      ビジネス知識。
      一言添えるのを忘れずにする。欠席の返事とともに出席できず残念という気持ちの文章を添えましょう。


      その場合は欠席の理由を手短にかきましょう。


      ビジネス知識。


      自分が招待する場合は。

      用意は周到に抜かりなく、自分たちが結婚する場合は、招待状を式の二カ月から一カ月半前には発送できるように用意します。


      ただし、会社の上司には郵送ではなく手渡しするのが礼儀です。

      仲人をお願いする場合は、式の日時が決まる前に二人で出向いて頼みます。


      そのほかの慶事では結婚披露宴以外の慶事も取引先の会社の創立記念式典や取引先の社員の栄転や昇進など、ビジネスの場での慶事は個人ではなく会社からお祝いを送ります。創立記念や落成式などは、個人でなく会社で祝う。
      会社で贈りものをする場合、すぐにその手配をします。
      お花は式場のスペースなどの問題もあるので、贈る旨を先方に伝えてから式典の当日に届くようにします。
      取次目録を贈り、後日品物を送りましょう。


      私の勤務先は製造業で開業100年を超える老舗です。私自身は中間管理職でバブル直前の入社で、世代間のギャップを特に感じています。
      老舗でしかもトップ企業なので、私より上の世代は大企業病に犯されているように感じています。
      まるで日本がアジアの国を上から目線で対応しているのと全く同じ感覚です。
      身の程知らずのような感覚です。

      また若い世代も成熟した社会の中で本当の意味の競争を知らなく、危機感がいまひとつ。


      と中間管理職のぼやきに聞こえてしまうかもしれませんが実際そう感じているのです。

      これからのビジネスの基本は顧客満足。

      よい製品を原価プラス適正利潤で売ればよいだけなのです。「売ってやる」というビジネスは厳禁です。何も難しいことはないです。ただし企業なのでリスクに対する備えもしなくてはいけません。
      要はビジネス雑誌の耳の聞こえのいいビジネスモデルの追求ではなく、その企業環境の中で堅実に経営すればいいだけなのです。

      策士が策に溺れてはいけないのです。株主重視という発想はよく理解できます。
      経営が思わしくないときについ寝技というか最短距離で成果だけを追求してはいけません。
      社内でも覇道ではなく王道で突き進めば、社員も顧客もついてきます。


      もっと自身を持って正々堂々ビジネスをすればいいのです。

      決して華やかになってはいけません。

      昔の本当に立派な殿様はびっくりするくらい質素で堅実であったと聞きます。

      現代の一部上場企業の経営者もそういう気持ちで謙虚な姿勢でいいはずです。

      なぜそれができないのでしょうか。
      あと10年もすると大企業病に犯された世代がリタイヤします。

      老舗は老舗らしく、質素に謙虚に誠実な会社に戻したい気持ちです。
      今、当社は経営が行き詰まっています。少なくとも私の目線はそうです。

      あと10年耐えに耐えて存続できたら私たち世代が老舗を復活させたいです。
      凛とした姿勢の名門復活とお客さまが皆言ってくれるような会社にしたいです。

      もう間もなく私たちの世代は経営層予備軍の世代になります。


      そのときのこの老舗のビジネスを復活させます。

















  • 関連リンク