私が考えたインターネットビジネス

  • 冷静な目でニュースを見る

    • ニュースというものは、毎日、分や秒刻みで更新されていきます。


      社会面、生活面、教育、科学、文化、経済、エンターテインメント、分野を問わずあらゆる種類の情報を取り入れるにはとても役に立ちます。

      また国内のみならず海外についても知ることができます。現代はそのスピードもとても速いので、ついさっき起きたことを知ることができる面もとても便利です。

      見る方としては、これらのニュースを見るとき、また読むとき、ひとつの事実について多角的に情報を取り入れる必要があります。
      なぜならば、報道機関によって、いろいろなとらえ方をされることが多いからです。


      事実だけを流しているようでも、そこにはいろいろな思想や信念、概念、どちらが正しいか、などのジャッジが含まれていることもあります。


      国や地域、立場が違えば、ものの見方も変わってきますので、報道、表現のしかたも変わるでしょう。


      ですので1本のニュースですべてを判断するのではなく、テレビで、新聞で、あるいはネットで、国内で報道しているニュース、海外で報道しているニュースなど、多岐にわたる報道機関から俯瞰的に見る必要があります。

      個人レベルの話に置き換えてみるとわかりやすいですが、なにかの課題や出来事に関して、1人だけの情報や意見を聞いてそれをうのみにしてしまうか、多くの人から情報をもらうかによって、理解度・正確さも変わってきます。

      ニュースの種類にもよりますが、できるだけ公平性を持って、フラットな気持ちで見ることが重要になってくるニュースも多いものです。


      それぞれの報道機関が、何を、どこを重要視しているかによって、同じ内容、例えば同じインタビューでも、取り上げている箇所が違っていたりします。

      もっと深くまで見るとすれば、同じ内容のニュースを見比べて、各機関の「傾向」などを読み取ってみるのもいいでしょう。
      たいせつなのは、「何が、誰が、正しいか」よりも「事実はなにか」であるということを忘れてはいけません。

      ここ最近のニュースで幼い子供が亡くなるニュースをいくつか見ました。

      自分自身に子供が出来るまでは、気の毒だとは思って見ておりましたが、最近では同じ親を持つ身として本当に胸が張り裂けそうな想いをされたのではと考えると人ごととは思えなかったりします。

      どんなニュースが気になったかと言うと、交通事故や殺傷事件や事故です。
      先ほどニュースを見てて、2歳の子供と一緒に二人乗りをしていた自転車に72歳男性の運転する軽自動車がぶつかった事故です。

      とても残念な事故だったのですが、私にも2歳の子供がいるのでとても他人事ではありません。
      そのお母さんがどんな辛い想いだったかを考えると胸が痛みます。

      また、茨城県で自宅マンションのベランダから9歳の子供が誤って飛び降りてしまったそうです。本当に痛ましい事故です。

      9歳でもそういうことがあるんだと実感しました。子供の事故はいつ何があるか分かりません。自分は大丈夫、自分の子供は大丈夫と思っても明日は我が身です。私はいつもニュースを見て見が引き締まる思いをします。

      私には2歳と0歳の子供がいて、まだ目が離せませんし気が抜けません。

      私がしっかりしてなかったり、私がちょっと目を離した隙に何するかも分かりません。


      また、殺傷事件のニュースを見ると、頭のおかしい人がいなくなるのが一番ですが、自分の子供が被害者にでもなったらと考えると、とても恐ろしいです。

      と同時に子供を守ってやれなかったとずっと悔やんでも悔やみきれません。事故や事件は自分たちは巻きこまれないと言った保障はないです。

      普段から子供たちにはしつけをしっかりし、常に気をつけた行動を取るよう指導していきたいです。

      また、被害者にならないようにはもちろんですが、加害者にならないようにも指導しなければなりません。

      今のところ健全には育っておりますし、とても生命力の強さというか事故や事件にでも遭う気はしないように思いますが、いつ何があるか分からないので気をつけていきます。

      よく利用されているオフィス移転情報をお教えします。

      大阪の会社設立情報をお伝えします。

      あなたの知らない名簿の販売情報について考えます。

      神戸の会社設立情報は見逃せません。

      名簿はとても人気があり、興味深いです。

      http://real.tsite.jp/umeda/floor/meetingroom/agreement/

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/368817.html

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=3%E5%96%B6%E6%A5%AD%E6%97%A5%E4%BB%A5%E5%86%85

  • 関連リンク