私が考えたインターネットビジネス

  • 個人経営の洋服店を株式会社設立をしました

    • 洋服店を経営しているのですが、個人経営である事からも、税金を多く支払う事になり、知り合いから会社設立をする事で、税金を節約する事が出来ると聞きました。会社設立を行う事で、アパレル会社経営を行う事になるわけです。アパレル会社経営と言う事は、自分が会社の社長になるわけで、ちょっとどきどきしてしまいます。また、お店で働く従業員は社員と言う形になりますので、今までとはちょっと待遇なども考えて行かなければなりません。


      しかしながら、アパレル会社にする事で税金を節約する事が出来るのは非常に嬉しい話でもあるのです。

      また、株式会社にする事で、仕入先や取引先に対しても信頼関係を築き上げる事もできますので、メリットは大きいと言えます。会社設立を行う場合は、定款が必要になります。

      定款は、設立を行う会社の決め事を記した書類の事を意味していて、定款を作成したら、公証人役場と言うところに持って行って、認証を得る事が必要になります。

      しかし、最近は電子定款を行う事で、定款の認証費用を節約する事が出来ると聞いて、電子認証で行う事にしたのです。しかしながら、電子定款を作成するためには、専用のアプリケーションが必要になると聞いて、専門家に電子定款の作成を依頼する事にしました。
      アプリケーションを購入するよりも、専門家にお願いした方が安く済みますし、何かとアドバイスを受ける事も出来るからです。

      認証が終了した後は、法務局に行って会社を登記する事で会社設立が可能になりました。
      個人経営を行う飲食店の場合は、法人として存在するものでは有りませんので、会社設立などの工程は不要になります。

      この場合は、飲食店として経営を行うための手続きを保健所など、決められた役所に行えば良いわけです。

      しかし、飲食店を経営する上で、税金などに対して優遇を受けれると言うメリットもあり、株式会社として会社設立をしてお店を行う事も可能です。
      この場合は、会社設立を行う工程が必要になるのです。
      会社設立を行う事で、株式会社として会社を機能させる事が可能になります。

      株式会社を設立する場合は、会社の憲法とも言われる定款を作成し、それを公証人役場で認証を得ることが必要です。また、法務局に出向いて、株式会社として登記を行うなどの処理が必要になるのです。
      定款の中には、株式会社の商号や事業目的、本店の所在地などを記載して行く必要が有ります。これらは司法書士などに依頼をして行う事も可能です。

      また、定款は作成したら終わりではなく、公証人役場で認証を得る事が必要になります。
      最近は紙の定款ではなく、電子定款と言うものがあり、これを利用する事で、安く済ませる事が出来るのです。


      また、電子定款のみを専門業者に依頼をする事も可能になります。


      書類がある程度揃えば、後は法務局に出向いて、会社の登記を行えば会社設立は完了となり、株式会社として飲食店を経営していく事が可能になるのです。

      尚、会社の登記を行う際には、会社の実印が必要になります。

















  • 関連リンク